茶々の間

浅井三姉妹の長女。

豊臣秀吉の側室となり、世継の豊臣秀頼を生む。
秀吉の死後、大坂城にて権威を振るうようになり
徳川幕府からの要望等をことごとく破棄し、
徳川、豊臣の間の緊張を高める。

大坂夏の陣にて3度目の落城を経験し、城内の
山里郭にて秀頼と共に自害する。



三姉妹TOP  三姉妹年表  茶々の間   初の間   江の間

戦国倶楽部へ戻る