2005年4月駿河、遠州オフ

興国寺城跡 韮山城跡
久能山
家康公は天文11年(1542)12月26日三河国岡崎城(愛知県岡崎市)にて生まれましたが 当時はいわゆる戦国時代。
このときに一小国より興りあらゆる困難にも打ち勝ち遂に天下を 統一し、乱世に秩序を与えて産業を興し
学問を広め平和と文化の基礎を確立し近世日本の 発展に偉大な功績をのこされた。
晩年は駿府城に在ったが元和2年(1616)4月17日75歳で 薨去、御遺命により当山に葬り、
従来山上に在った久能城を廃止すると同時に2代将軍 秀忠公の命により宰相頼将卿(後の紀州家の祖頼宣卿)が
総奉行となり中井大和守正清を 大工棟梁として元和2年5月着工。同3年12月に至る僅か1年7ヶ月と云う短期間に造営された
のが現在の建物である。
 元和3年12月21日、勅使万里小路孝房卿以下参向。東照大権現の 神号を賜り又同年3月9日にも勅使中御門中納言尚長参向。
正一位御追贈の宣下があった。 社名は初め東照社と称したが正保2年11月3日宮号の宣下があり以来東照宮と称するに至った。
 後明治維新の際旧来の制度は全く廃止されると共に神仏混淆の禁止に依り仏式に関する一切の 建物器具等廃棄された。
明治6年2月18日県社に、同21年5月1日別格官幣社に各々列せられたが 昭和21年2月2日官制廃止により社格は
除去され同時に旧来の社号を改め久能山東照宮と称する ことになった。
尚、神廟・社殿・神庫・神楽殿・鼓楼・其他の諸建物は重要文化財に又久能山全域も 国より史蹟として指定されている。
久能山で参加者そろって記念写真


戦国倶楽部の歴史へ  戦国倶楽部TOPへ