直 江 状

家康を激怒させたと言う直江状の全文。秀吉亡き後の最高権力者である家康に対して
これほどの書状を送りつけるとは。。。後世にて西軍のファンとなったひとはこの書状を
読み返して悔しい思いが少しは晴れるのではないでしょうか。
※赤字で現代風に訳しておりますが、気にしないで下さい。
戦国倶楽部へ戻る  直江兼続のページへ 佐吉の独り言
本日は人目 、昨日は人方が家康への「愛の手紙」を読みに来られました

今朔の尊書昨十三日下着具に拝見、多幸々々。

一、当国の儀其元に於て種々雑説申すに付、内府様御不審の由、尤も余儀なき儀に候、
併して京・伏見の間に於てさへ、色々の沙汰止む時なく候、況んや遠国の景勝弱輩と云ひ、
似合いたる雑説と存じ候、苦しからざる儀に候、尊慮易かるべく候、定て連々聞召さるべく候事。


なんかうちの事でえらい大事になってるらしいですな。家康はんは、うちのことえらい不審に思ってるらしい
けど、そりゃ間違いでっせ!京都と伏見の様な近くでも色々な噂がたちますやんか。ここはそれより遥かに
遠い会津でっせ!!!うちの旦那さんが若いさかいに色々と言うてはるんやろうけどね。
些細な事でもどんな大きな話に成るかわかりませんけど。いちいち気にせんといて下さいや!!!

一、景勝上洛延引に付何かと申廻り候由不審に候、去々年国替程なく上洛、去年九月下国、
当年正月時分上洛申され候ては、何の間に仕置等申付らるべく候、就中当国は雪国にて十月
より三月迄は何事も罷成らず候間、当国の案内者に御尋ねあるべく候、然らば何者が景勝
逆心具に存じ候て申成し候と推量せしめ候事。

うちは去年会津に引越ししたばっかりでっせ!ついこの間、関西に行って、年末に家に帰って来たばかり
やのになんでまた直ぐに、大阪にいかなあきませんの?まだ引越しの片付けも何も出来てないんでっせ!
その上、ここは冬の間思いっきり雪がふりますねん。冬の間はは何にもできませんのや!うそやと思うなら
うちの家がどんな所にあるか良く知ってる人間に聞いて下さいよ。だから中々関西に行けないのはそう言う
事情なんですわ。うちの事を悪くチクる人間がおるみたいですけど(笑)


一、景勝別心無きに於ては誓詞を以てなりとも申さるべき由、去年以来数通の起請文反古に
なり候由、重て入らざる事。

うちが秀頼様に変な事する訳ありませんやん(笑)今まで出した誓詞は無意味なんですか?
何回誠心誠意気持ちを込めた誓詞だしましたん?全部無意味なんですね!
また、わざわざ同じもん書けというのでっか?ええ加減にしてやもう!!!

一、太閤以来景勝律儀の仁と思召し候由、今以て別儀あるべからず候、世上の朝変暮化には
相違候事。

太閤さんの頃から、うちの旦那さんは律義者と言われてましたやろ?今でもおなじでっせ!

一、景勝心中毛頭別心これなく候へども、讒人の申成し御糾明なく、逆心と思召す処是非に及
ばず候、兼て又御等閑なき様に候はば、讒者御引合せ是非御尋ね然るべく候、左様これなく候
内府様御表裏と存ずべく候事。

うちの旦那さんは変な事思ってませんわ。しょうもない事をチクる人間が居るんでしょ?そいつの言う事
ばっかり信用して、ちゃんと調べもせずに、いちいちうちが悪いと言われたらたまりませんわ!!!
しょうもない事を言う人間を捕まえて、家康はんが公平に調べもせんと、そんな事言うてはったら世間に
対して恥をかくだけでっせ(笑)

一、北国肥前殿の儀思召のままに仰付られ候、御威光浅からざる事。

あ、聞きませたけど前田さんとこの気の弱い息子さんをいじめたそうですな(笑)まぁ前田さん所にちょっかい
出して、色々とやってはるみたいですが結構な御威光ですな(笑)あんた何者?どれだけえらいの?


一、増右・大刑少御出頭の由委細承り及び候、珍重に候、自然用所の儀候へば申越すべく候、
榊式太は景勝表向の取次にて候、然らば景勝逆心歴然に候へば、一往御意見に及んでこそ
侍の筋目、内府様御為にも罷成るべく候処に、左様の分別こそ存届けず候へども、讒人の
堀監物奏者を仕られ、種々の才覚を以て妨げ申さるべき事にはこれなく候(や)、忠信か、
佞心か、御分別次第重て頼入るべく候事。

増田君と大谷君が家康はんの所へ行ったそうですな。何か有ればその二人に言いますわ。
後、榊原君がうちの担当だったでしょ?榊原君がちゃんとうちの事を家康はんに言うてくれはったら
こんなややこしい事にもなれへんかったと思うんですわ。何で榊原君は堀の若造の言う嘘を
鵜呑みにして、一緒になってうちの悪口言いまわるのか理解できませんわ。
おたくの榊原君は出来が悪すぎまっせ!担当らしくうちの事ちゃんとするように言っててや!!!

一、第一雑説ゆえ上洛延引候御断り、右に申宣べる如に候事。

色々言われるのは、うちの旦那が中々関西に行かへんと言う事だけです。無茶苦茶しょうも無い
事ですわ。あほらしい。。。家康はんも暇なんですな(笑)

一、第二武具集候こと、上方の武士は今焼・炭取・瓢べ以下人たらし道具御所持候、田舎武士
は鉄砲弓箭の道具支度申し候、其国々の風俗と思召し御不審あるまじく候、不似合の道具を
用意申され候へば、景勝不届の分際何程の事これあるべく候や、天下に不似合の御沙汰と存じ候事。

あの、うちは一応武家なんですけど。。。まして関西のように都会でも無いし、物騒ですやん。
なんで武家のうちが鉄砲揃えたらあきませんの?おたくらは関西に居てはって、お茶飲んだり
何やらかんやらして遊んでても、いいんでしょうけどね。こっちはそうはいきませんねん。
それにうちの旦那は不器用で、無愛想な人でさかいに、お茶とか似合いませんねん。


一、第三道作り、船橋申付られ、往還の煩なきようにと存ぜらるるは、国を持たるる役に候条
此の如くに候、越国に於ても舟橋道作り候、然らば端々残ってこれあるべく候、淵底堀監物存
ずべく候、当国へ罷り移られての仕置にこれなきことに候、本国と云ひ、久太郎踏みつぶし候
に何の手間入るべく候や、道作までにも行立たず候、景勝領分会津の儀は申すに及ばず、
上野・下野・岩城・相馬・正宗領・最上・由利・仙北に相境へ、何れも道作同前に候、自余の衆は
何とも申されず候、堀監物ばかり道作に畏れ候て、色々申鳴らし候、よくよく弓箭を知らざる
無分別者と思召さるべく候、縦とへ他国へ罷出で候とも、一方にて(こそ)景勝相当の出勢罷成る
べく候へ、中々是非に及ばざるうつけ者と存じ候、景勝領分道作申付くる体たらく、江戸より切々
御使者白河口の体御見分為すべく候、その外奥筋へも御使者上下致し候条、御尋ね尤もに候
、御不審候はば御使者下され、所々境目を御見させ(候はば)、合点参るべく候事。

あの・・・うちがなんでうちの回りを便利になるように色々としたらあきませんの?
うちは一応、国主なんですわ。家康はんもその位わかりますやろ?前の国主が偉い出来の
悪い人間だったみたいで何もかもほったらかしですわ。他の国の人間とも仲良くするように
ちゃんと話し合って仲良くやってるのに、家康はんは何を言ってますの?
大体ね、道を大きくして何が反逆ですか?家康はんあんたアホですか?
道を大きくしたら敵に攻めてこられたら防ぎようがありませんやんか!!!
逆心があるんやったらうちは堀とか砦とかなにやらかんやら作りますわ。
家康はんの家の東京の方へもちゃんとした道を作ってますねん。
見にきはったらよろしいやん!伊達さんや最上さんの所へもちゃんと道つくってますわ。
全部ちゃんと見て、ええ加減に堀と話をするのはやめた方が宜しいでっせ!!!

一、景勝事当年三月謙信追善に相当り候間、左様の隙を明け、夏中御見舞の為上洛仕らる
べく内存に候、武具以下国の覚、仕置の為に候間、在国中きっと相調い候様にと用意申され
候処、増右・大刑少より御使者申分され(候)は、景勝逆心不穏便に候間、別心なきに於ては
上洛尤もの由、内府様御内証の由、迚も内府様御等間なく候はば、讒人申分有らまし仰せ越
され、きっと御糾明候てこそ御懇切の験したるべき処に、意趣逆心なしと申唱へ候間、別心
なきに於ては上洛候へなどと、乳呑子の会釈、是非に及ばず候、昨日まで逆心企てる者も、
其行はずれ候へば、知らぬ顔にて上洛仕り、或は縁辺、或は新知行など取り、不足を顧みざる
人と交り仕り候当世風は、景勝身上には不相応に候、心中別心なく候へども、逆心天下にその
隠れなく候、妄りに上洛、累代弓箭の覚まで失い候条、讒人引合御糾明これなくんば、上洛
罷成るまじく候、右の趣景勝理か否か、尊慮過すべからず候、就中景勝家中藤田能登守と申す
者、七月半ばに当国を引切り、江戸へ罷移り、それより上洛候、万事は知れ申すべく候、景勝
罷違い候か、内府様御表裏か、世上御沙汰次第に候事。

うちの旦那さんは3月に先代の追善に当たってました。まぁこっちの色々な用事が終われば
夏ごろには関西へ遊びに行きますわ。色々と新しい人間やとったり、買い物したりうちの為に
必用なものだけ揃えてますけど、その時に増田君と大谷君から使いの者が来まして、
何やらうちの事が関西でえらく悪い噂になってるから、関西に来ておたくに言い訳した方がいいで。
なんやらうちがまるで子供に物を言うような言い方で、まぁ大谷君も増田君も悪気は無いと思うけど
ちょっとねー。もう少し言い方あると思いますねんけど、ちゃんと嘘をついてる者は嘘をついていると
言う事をもっと調べてもらわんと何を言おうか話にもなりませんわ。
関西では政略結婚したり、太閤さんの領土を勝手に貰ったりと色々とやってはるみたいですけど
うちはそんな不義理には関るつもりはありまへん。変な噂が広まっている中でわざわざ関西に行って
言い訳するなんて、うちとしては恥ずかしくて出来ませんわ。嘘つきの人間とちゃんと話してからじゃ
ないとね。後、うちから藤田と言う人間が東京に行ったはずですが、藤田が東京から関西へ行った
と言う事も知ってますよ。藤田が何を言ってるかも想像ついてます

一、千言万句も入らず候、景勝毛頭別心これなく候、上洛の儀は罷成らざる様に御仕掛け候
条、是非に及ばず候、内府様御分別次第上洛申さるべく候、たとえこのまま在国申され候とも、
太閤様御置目に相背き、数通の起請文反故になり、御幼少の秀頼様へ首尾なく仕られ(なば)、
此方より手出し候て天下の主になられ候ても、悪人の名逃れず候条、末代の恥辱と為すべく
候、此処の遠慮なく此事を仕られ候や、御心易かるべく候、但し讒人の儀を思召し、不義の
御扱に於ては是非に及ばず候間、誓言も堅約も入るまじき事。

まぁ幾ら言っても仕方ありませんわな。こんな事になったんですから。家康はんがちゃんと物事が
判る人間なら、うちの旦那さんも関西へ行きますわ。でも今の家康はんは物事わかりませんやろ?
このままやったら、太閤さんの約束破る事になりますけど、うちで引き篭もって秀頼様を見放す
形になりますけどそれも仕方ありませんね。そのうち家康はんとうちのどっちがまちごうてるかは
世間はわかりまっせ!!!こっちから手を出して争っても勝ったとしても、うちは悪名がつきますわな。
そんな末代までの恥になるような事はする積もり有りませんわ。安心しておくんなはれ(笑)
ただ、うちが不義とか悪く言われてる事は腹立ちます!誓詞も約束も関係ありませんわ!

一、爰許に於て景勝逆心と申唱え候間、燐国に於て、会津働とて触れ廻り、或は人数、或は
兵粮を支度候へども、無分別者の仕事に候条、聞くも入らず候事。


うちの隣の堀が、色々と言い回ってるのは知ってます。何やら、あっちこっちの城に人を入れてる
兵糧をしたくしてる、関所で人留めをしてるとか挙句の果てには人質を取ってるとか。
あんなアホの言う事聞く必要ありませんやろ?家康はんも、もっと大人になりなはれ

一、内府様へ使者を以てなりとも申宣ぶべく候へども、燐国より讒人打ち詰め種々申成し、家中
よりも藤田能登守引切候条、表裏第一の御沙汰あるべく候事、右条々御糾明なくんば申上られ
まじき由に存じ候、全く疎意なく通じ、折ふし御取成し、我らに於て畏入るべきこと。

うちもね、家康はんに内々に物事を収めるように話をしようと思ってましたんや。でもアホの堀が
なんやらかんやら言うてますやん。ましてうちの藤田ですわ・・・・・
こんな状況ではうちが悪いと言われて、不利にとがめられますやんか。だから何も言い訳は
するつもりはありませんねん。折角とりなして暮れましたがすんませんな。


一、何事も遠国ながら校量仕り候有様も、嘘のように罷成り候、申すまでもなく候へども、御目
にかけられ候上申入れ候、天下に於て黒白御存知の儀に候間、仰越され候へば実儀と存ず
べく候、御心安きまま、むさと書き進じ候、慮外少なからず候へども、愚慮申述べ候、尊慮を
得べきためその憚りを顧みず候由、侍者奏達、恐惶謹言。

まぁ何事についても、こっちは遠い所ですから、色々推測するしかありまへんけど、正直に色々
言って下さいよ。下手な事言うと嘘やらなんやらと騒ぎになりますさかいに。世間ではちゃんと
物事に対しては白黒はっきりしてると思ってますので、そのまま教えてくださいよ。
仲がいいと言うことで色々と愚痴みたいな事ばかり書きましたが、変に思わずにといてな。
正直な私の気持ちを書いたまでですわ

 慶長五年    四月十四日    
                                             直江山城守兼続

 豊光寺    

 侍者御中

戦国倶楽部へ戻る  直江兼続のページへ 佐吉の独り言
関ヶ原合年表へ 関ヶ原合戦其の壱へ 関ヶ原合戦其の弐へ 関ヶ原合戦其の参へ
合戦後の西軍 合戦後の東軍 武将辞世の句 直江状