関ヶ原合戦 其の壱

時間 主な出来事
午前5時
布陣完了
西軍布陣
9/14午後7時頃より大垣城を密かに脱した西軍は小雨の振る中、泥まみれの行軍
を続けて、南宮山の南麓を迂回して牧田口から、まず石田三成が関ヶ原に入った。

三成はその途中で、わずかな供を引き連れて長束、安国寺の陣所を訪問。
更に松尾山の麓で小早川重臣の平岡頼勝と会見し、狼煙の合図に東軍の背後を
つくと言う約束を取り引けた。
その時、毛利が徳川に内通しているとのうわさがあり、裏切りを心配しての最後の
詰めであった。
この後三成は山中村に布陣している大谷との最終的な作戦を打ち合わせてから
本体に合流。関ヶ原の一番奥に進み北国街道を抑える形で笹尾山に陣を構えた。
石田三成の兵力は6000人。隊を2つの別けて小関村と笹尾山へ布陣した。
笹尾山の麓には堀をめぐらし、青竹で二重の矢来を結び、1000人ずつで蒲生、島
両名が前衛を固めた。

更に大垣から移動してきた西軍が次々と関ヶ原西側を抑える形で、次々を布陣を
していく。石田隊の隣には織田信高、伊藤盛正、岸田忠氏等の秀頼黄母衣衆の
合わせて
2000名が並び、北国街道を挟む形で反対側の小池村には、島津義弘
隊の1500名が
義弘豊久其々2段に構えて鋒矢の陣をしく。
小西行長隊4000名は島津隊の右側、北天満山を背にして二段に布陣。
宇喜多秀家隊170000名は、南天満山の前に五段構えで布陣する。

※関ヶ原にはこれより先に以前より布陣していた部隊がいた。
全て大谷配下の部隊として山中村の藤川の台に大谷吉継600名。
戸田重正平塚為広合わせて1500名。
藤川対岸には大谷吉勝の2500名、木下頼継1000名が東山道を抑える形で布陣
していた。
東山道の南側で脇坂小川朽木赤座の諸隊が4000名で布陣している。
※大谷吉継は小早川の裏切りに備えて、万が一小早川が裏切った場合
上記部隊、約10000名にて小早川を討つ考えで有ったとも言われている。

松尾山には先日から小早川秀秋隊15000名が松尾山城を占拠する形で布陣

南宮山方面には毛利秀元隊15000名、吉川広家隊3000名、長束正家隊1500名
安国寺恵瓊隊1800名、長宗我部盛親隊6600名。
※この部隊は着陣以降全く動いていない。

この時点での西軍の関ヶ原での兵力はおよそ80000を超えていた。
午前6時
布陣完了
東軍布陣
家康の出陣命令が出された、午前2時から福島正則を左側、黒田長政を右側に
2列縦隊で関ヶ原に進軍を開始し、先鋒部隊が関ヶ原に到着したのは丁度西軍が
布陣を終える頃であった。
濃い霧の中、福島隊は関ヶ原の奥まで進み、先頭が宇喜多の荷駄隊と接触し
前進を中止して、直ぐに戦闘態勢の陣形を取りはじめた。

福島正則隊6000名は左翼となって深く前進して、宇喜多隊と向き合う。
黒田長政隊5400名は右翼を固めて石田隊と向き合う。
この両部隊の間に北から、細川忠興隊5000名、加藤嘉明隊3000名
筒井定次隊2850名、田中吉政隊3000名が並び島津、小西に対峙する。
その背後には、井伊直政隊3600名、松平忠吉隊3000名が布陣
さらにその後ろに、古田重勝隊1200名、織田有楽隊450名、金森長近隊1140名
生駒一正隊1830名が控える。
福島隊の背後には、藤堂高虎隊2490名、京極高知隊3000名、寺沢高広
2400名が斜めにひかえて小早川、大谷に控える。
その後方には軍艦の本多忠勝隊500名が布陣。

総大将の徳川家康は南宮山の北麓にある、桃配山に30000名にて布陣する。

関ヶ原での東軍の兵力はおよそ75000名である。

このほか、南宮山方面の備えとして、有馬豊氏隊900名、山内一豊隊2050名
浅野幸長隊6500名、池田輝政隊4560名が配備されている。


戦国倶楽部へ戻る
関ヶ原合年表へ 関ヶ原合戦其の壱へ 関ヶ原合戦其の弐へ 関ヶ原合戦其の参へ
合戦後の西軍 合戦後の東軍 武将辞世の句 直江状