関ヶ原合戦後(西軍)

小早川秀秋の裏切りに寄り一日で勝敗が決まった関ヶ原合戦。合戦後を纏めます。
○関ヶ原合戦に参戦して、合戦後A級戦犯とされた大名
氏名 所領 戦前 戦後領地 コメント
石田三成 近江佐和山 19.4万石 没収 斬首 仕方がないかな。
宇喜多秀家 備前岡山 57万石 没収 薩摩に落延びるが、その後幕府に
引き渡され八丈島流罪
合戦後直ぐに捕まっていれば処刑されていた
可能性が高いだろう。
小西行長 肥後 20万石 没収 斬首 三成同様。もう少しやる気出すか、大津の
立花と変わる方がいいと思う。
大谷吉継 越前敦賀 5万石 没収 関ヶ原にて自害 戦死にしても自害にしても潔いと思います。
○関ヶ原近辺の布陣したが本戦に参戦しないまま改易された大名
安国寺恵瓊 伊予 6万石 没収 斬首 ちょっと罪が重いような。。。毛利の為に
長束正家 近江水口 5万石 没収 自害 自害するなら関ヶ原まで行軍してほしいが。
長宗我部盛親 土佐 26万石 没収 京都にて蟄居。後に大阪の陣に参戦 可哀想だが一体何しに関ヶ原へ来たのか?
全力動員してるのにもっと本気で戦っていれば
○その他関ヶ原合戦後に西軍に属する形で改易となった大名
赤座直保 越前今庄 2万石 没収 通款を明らかにしなかったとの理由 当たり前
小川祐忠 伊予今治 7万石 没収 没収は領国の悪政等とも言われる 当たり前
増田長盛 大和郡山 23万石 没収 助命され高野山へ これは両軍から見てA級戦犯?かと。
立花宗茂 豊前柳川 13万石 没収 後に大名へ復帰する 悔しいと思う。
前田利政 能登 22万石 没収 所領はそのまま兄へ加増 兄と弟の性格が反対ならば。
真田昌幸 信州上田 3.8万石 没収 九度山へ蟄居 秀忠を食い止めず、また上田で篭らず
美濃へ来ていた方が良かったかと。
○西軍に属する形で大幅な減封となった大名
毛利輝元 安芸 121万石 37万石 周防長門へ減封※ やる気なしベスト10に確実に入ると思う。
上杉景勝 会津若松 120万石 30万石 米沢30万石へ減封 もう一戦徳川と事を構えてほしかった。
佐竹義宣 常陸 54万石 21万石 出羽久保田21万石 どうせなら、徹底的に。
※毛利家の場合は分家となる豊前や吉川広家、毛利秀元の一門の分を含めると
減封された石高は150万前後となると思われる。
○西軍の属しながら所領安堵された主な大名家
島津義弘 薩摩 77万石 安堵 3年の交渉の末安堵となる ナイス交渉力。
前田玄以 丹波亀山 5万石 安堵 中立を守っていた為
朽木元網 近江朽木 2万石 安堵 小早川裏切りに追随
脇坂安治 淡路洲本 3万石 安堵 小早川裏切りに追随

西軍としての全国の大名の改易・減封の合計は約650万石。このうち代官として大名に預ける形となっていた豊臣の領地も家康は没収した為、
関ヶ原合戦後に豊臣家は220万石の直轄領が摂津・河内の3カ国65万石に大幅に減る事となる。


戦国倶楽部へ戻る
関ヶ原合年表へ 関ヶ原合戦其の壱へ 関ヶ原合戦其の弐へ 関ヶ原合戦其の参へ
合戦後の西軍 合戦後の東軍 武将辞世の句 直江状